FC2ブログ
猫姫の食卓  味にウルサイ、ネコさんたちはどんなものを食べているのでしょう。。。
01≪ 2020| 123456789101112131415161718192021222324252627282902/ ≫03
はなさん
先の4月11日、「よんきち」「FromH」の、ほんなあほなさんの、はなさんが虹の橋に旅立たれました。

はなさん
(「FromH」より拝借いたしました。失礼致します。)

ほんなさんが、お腹の中の腫瘍を見つけて取ってくれて、それで元気になると信じていましたが。
悔しいですね。病気って。

はなさん。
虹の橋で、しばらくお休みになってて下さい。

いずれ、みんなそちらに行って又会えますから。
その時まで。

もし虹の橋で、はなさんのように白い毛で、青い目で鍵シッポの若い男の子に会ったら、よろしく伝えておいてくれますか。
もう少し待っててね、私もその内行くから、と。

はなさんへ

合掌

はなさんの訃報は、ただただ悲しく辛いです。


私は、母親同然に私を可愛がってくれた伯母を数年前に、そして叔父を昨年亡くしました。
2人の死自体は重く受け止めましたが、その時に悲しみは無く、涙一つ出ませんでした。

「歳とる度に涙もろくなる」と人は言うけど自分の場合は逆かも、と思ってました。
もしくは、自分はとても冷たい人間なのかも、とも。

でも、親同然の存在だった人間が亡くなっても涙一つ出ないのに、猫さんが亡くなると、とても辛く悲しい。
それが我が子であろうと無かろうと。
身が引き裂ける思いです。

「なんでだと思う?」と、ふとPetakoに聞いてみました。
Petakoはすぐに答えました。
「猫は天使だからね。」

そうか、私達は天使と暮らしているんだ、と思いました。
では、こんな貴重で素晴らしい事、他には無いだろう、と思いました。

ならば、天使が私達にお別れを告げ、お空に帰ってしまう時に、恐ろしく悲しく寂しいのは当たり前なのだ、と気が付きました。


皆さんが大切に愛しておられる皆さんの子達は、直接触れた事は無くても日々訪問してその姿を見ていると、もう家族同然のような存在に心の中でなっています。
元気だと嬉しいし、体調が悪いととても心配になる。
今の時期、地震なんかがあると、その場所に近い子達の事はとても心配になります。

それ程日々お会いする皆さんの天使達は、もう心の深くに住みついていて大切な存在になっているのです。
その子達が、虹の橋に旅立ったなんて聞くと。
もう、言葉は出ません。


天使のはなさんは、類まれなる猫愛の人、ほんなさん、おっちゃんさんに出会い、胸いっぱいの愛に囲まれ日々を過ごし、そしてお空に帰って行ったと信じます。


そして皆さんの天使さん達、うちに居る天使達との時間、そしてお空に戻って行った天使達の思い出を、これからも大切にしていこうと、私は改めてとても強く思うのです。

Puriko

2011'04'13(Wed)16:26 [ ☆追悼 ] コメント(13) TB0 . TOP ▲
comments


はなちゃんは悪いところが見つかって
そこを取ればよくなると思ってたもんだから
本当にせつなかったです

私も ねこさんの亡くなった話などをブログで目にするたびに
泣けて仕方ありません

本当にいつか みんな向こうに行くのですね
再び会える時に恥ずかしくない
生き方だったと言える人間でありたい。。。

はなちゃん、気長に待っていてね
2011/04/13 16:53  | URL | miyocom #- [edit]


ほんとうですね、
猫さんは天使さんですね。

私もはなさんはきっと元気になる、と信じていましたが、はな天使、天使たちのお空に帰りましたね。
天使ですから、きっとほんなさんの側にずっといてくれるだろうし、私たちの心にも永遠にいてくれるのではないかと思っています。

はなさんエンジェルさん、どうもありがとう。
合掌
2011/04/13 17:10  | URL | tennjan #uk02kW1g [edit]


先ほど下僕さんのところから、はなさんを知りました。
たくさんたくさん愛されて、
長生きしてみにゃさんの憧れの猫さんだったのですね。

猫さんは天使。。。
ほんとそうですね。
彼らは何も求めず、ただただ無償の愛を私たちに与えてくれます。
人間だったら色々ね、欲やしがらみやら何やら、余計なものにまみれて生きてます。
自分もそうですもの。
だから人間はペットより寿命が長いのかな?と思う時があります。
この世でいっぱい修行しなきゃいけないから。
はなさん始め偉大な猫さんの生き方に、
たくさんの教えを頂く未熟なわたしです。

はなさん、どうぞ安らかに。。。

2011/04/13 18:11  | URL | りえりん♪ #- [edit]


携帯から書いた長文コメ消えました
またきますね(T_T)
2011/04/13 18:19  | URL | ぷくぷく #- [edit]


はなちゃんは、よくなるって信じていたから
その訃報はズシリってきました。
一緒に暮らした時間で悲しみの大きさは変わらないって思うけど、
17年って年月は想像も出来ないくらい長いです。
はなちゃんは、ほんなあほなさんとおっちゃんに会って幸せな猫生だったね。
ふわふわの国で娘のこたろーさんと再会出来たかな?
ご冥福をお祈りいたします。
2011/04/13 18:25  | URL | ドンタコス下僕 #TTox3gbU [edit]


はな姐さん、必ず復活するって信じていたので、とてもビックリしたしとても悲しいです。
マンガの受け売りになりますが、こちらの一生は虹の橋の向こうではあっという間だそうです。
はな姐さんもPurikoさんの天使さんも転寝してるくらいの間なんでしょうね。
ただ私達が寂しいだけで・・・

ほんなさんとおっちゃんさんの愛をめいっぱい受けて、可愛いよんちゃんとやんちゃなといっちゃんに囲まれて、とても幸せな猫生でしたよね?

心よりご冥福をお祈りします。
2011/04/13 20:19  | URL | ぷくぷく #r.luZjS. [edit]


Petakoさんの言葉。
「猫は天使だからね。」
胸に響いたよ。

ゆきりにも会ってると思うよ。
ちゃんとPurikoさんの事も話してると思うよ。

誰でもやっぱりお別れは辛いね。
でも最後まではなは本当に幸せな人生だったから。

はなもほんなさんもおっちゃんも本当にお疲れ様でした。

2011/04/13 23:49  | URL | クリちゃんです #- [edit]


このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/04/14 09:48  | | # [edit]


はなさんのことを知って
こわっぱが!が聞けないと思ったら、
しばらくの間コメントしに行くことができませんでした。
本当にショックでした。

私もいつかはそっちへ行くから、
その時は、こわっぱが!いっぱい言ってね。
2011/04/14 13:43  | URL | ぴなた #gFXHIlXM [edit]


はなちゃんが、手術後に麻酔から目が覚めたって聞いて、
「あぁ、これで絶対に良くなってくれるはず!良かった…」
ってひとまずほっとした矢先の出来事でしたね。。。
次に遊びに行った時、はなちゃんの訃報をしって、
頭が真っ白になりました。。。

赤ちゃんや動物って、本当に穢れがなくて純粋ですよね。
私達はその存在に触れる事によって、日々癒され、浄化されてる部分も
多々あるのだと思います。
ほんと、この世に舞い降りた天使達ですよね^^
とても有り難い存在です。

生き物には魂があって、死した後も魂は存在し続けるという事を
私は自分なりに漠然と信じているのですけども、
今まで当たり前に形があった物がなくなるという寂しさ。
どんなにその存在を探しても見えない、触れないという寂しさ。
これは本当に辛く、苦しい事です。。。
でも、そんな私達を、私達なんかより生と死をしっかりと受け止めてる動物達は
「何をそんなに悲しんでるの?自分はここにいるのに。泣いちゃだめだよー」
なんて、不思議そうに、心配そうに見てるのかもしれませんね。

時間は少しかかるかもしれないけど、はなちゃんがきっと大好きだった
ほんなさんの笑顔・心の元気が1日でも早く戻るといいなって思います。

魂も絆も永遠。また絶対会えるから!
2011/04/14 15:57  | URL | かおりん #- [edit]


ほんなさんとは交流がなくて覗き見させていただいていた状態でした。
いつかお声掛けしようと思っていたところ訃報ですが
そんな私でさえ涙が溢れてきます。
そうか、猫さんは天使だったのですね。
だからブログで一方的に見ている猫さんにも
こんなにも心動かされるのですね。
はなさん、あなたの大好きなほんなさんとおっちゃんさんも
いつかそちらへ行くから待っててあげてね。
心よりご冥福をお祈りします。
2011/04/14 20:56  | URL | はむゆみ #HS5l7qlE [edit]


そうですよね、猫さんは天使です。
どんなにイライラすることがあったって、猫が心を穏やかにしてくれるし、
どんなに辛い涙の出ることがあったって、猫が元気にしてくれるんだもの!
はなさんのことは、今日になって知って、大変ショックを受けました。
でも、はなさんの生き方、
すばらしいよね。かっこいいよね。
なんて言ったらいいのかわからないけど、
はなさん、きっと今頃お空の上で桜を見ながら微笑んでいると思うの。
2011/04/15 00:05  | URL | sally #D93V0kSM [edit]


このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/04/19 22:54  | | # [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://neruyokihi.blog90.fc2.com/tb.php/410-1902f4c1
trackback