FC2ブログ
猫姫の食卓  味にウルサイ、ネコさんたちはどんなものを食べているのでしょう。。。
01≪ 2020| 123456789101112131415161718192021222324252627282902/ ≫03
消えない不安、そして心からのお礼
最近軒並み増えてきた「高年齢設定缶」。

今回はヒメにとっては初めてのブランドである「銀のスプーン」の「13歳以上用」をあげてみました。
DSCN9950_20101211150303.jpg

DSCN9958_20101211150303.jpg

身は、各社ある高年齢設定缶の物に比べると硬めです。
つゆだくではありません。ゼリーで身が固めてあります。
DSCN9945_20101211150304.jpg

ヒメの食べっぷりもまあまあでした。
DSCN9972_20101211150303.jpg
少し食べて止めてしまいました。

一口食べてみると、最初に思ったのはとにかく「味が濃い!!」ということでした。

モンプチのつゆだくな「11歳以上用」「15歳以上用」、そして腎臓や尿路結石に特別配慮したメディファスの缶に比べると、人間用の味付けかと思うくらいしっかり味が付いてます。

ヒメは膀胱炎がちなので、自己防衛本能が働くのか、味が濃い物は拒否る傾向があります。

実際、私の実家猫のかかりつけの先生は「銀のスプーン」はあまりお勧めできない、と言ってた事もあります。
やはり味の濃さを懸念していたか、内容成分に何か疑問があったかだと思います。

しかし私の頭の痛かった所は、うちの実家猫、特に故ゆきりはこの「銀のスプーン」が大好きだったのでした。

毎食、銀のスプーンをあげる事は避けてましたが、たまに食べて欲しい味の薄い缶だとあげても食べずに、銀のスプーンをとにかく所望したりした事も多々あり、そこが悩みどころでした。

健康優先で、味や好みはともかく、療法食のみあげ続けるか。
それとも、食べる事は生きる楽しみの一つなのだから、体にとって余り薦められない物でも嗜好品と割り切ってあげるか。


今でも「私は彼に正しい事をしたのか」と振り返り考え込む事はあります。

ヒメの場合は、余りこの缶は好きでは無かったようなので、もう少し味の薄い物、つゆだくで味の濃さを「おゆたし」などで自分でコントロールできる物などをあげようかと思います。


そして本日、土曜日。
私達はヒメの病院に行ってきました。
先日ヒメが受けた一日ドックで一つだけ、外注の検査項目があり、その結果が出るまで少し日にちがかかっていて、数日前「その結果が出ましたから来て下さい」との連絡があり今日午前中行ってきたのです。

その唯一の検査項目は、実は私が一番気にしているもの。

それはFIP抗体値です。
ニャー君を命をあっという間に奪った、あの憎むべきFIP。

その危険性をどのくらい個体が持っているかを表す数値の、ヒメの検査結果です。
DSCN0009_20101211150205.jpg
そして検査結果は今年も同じでした。

先生曰く「結果だけ申し上げればあまり良い物ではありません。限りなく黒に近いグレーです。」

抗体値、1600。
DSCN9997_20101211150356.jpg
【備考】FCoV=猫コロナウィルス。猫コロナウィルスが突然変異するとFIP発病となる。

DSCN0005_20101211150205.jpg

DSCN0012_20101211150205.jpg
ただこれは必ずしも発病するという意味ではないが、発病の可能性は常に秘めている、とのこと。

実は5年前ヒメと共に暮らすことを決めた時、初めてヒメの健康診断を兼ねて病院に連れて行き、血液検査をした時にお願いしたFIP抗体値の検査。
そこで出た値も1600。

その時に「正直高い数値です。何かあったらすぐに連れてきて下さい。」との説明を受け、ニャー君をFIPで亡くしてそれ程年月も経ってなかった事もあり、「また私は愛する子をあのFIPで亡くすのか」とその説明後かなり長い事物凄く落ち込んでいた事を思い出します。

ただヒメはその後、とても元気に過ごし、一年、そしてまた一年と何事もなく過ぎていきました。

1600という値は、「それイコール、即FIP発病」という意味ではなく、特に悲観する事も無いと、今では思いますが、正直な気持ち、毎年検査をする度に、この1600という数値が少しでも下がっていてくれ、と言う思いは変わりません。
でも毎年出てくる値は1600から頑として動かない。

上がりもしないけど、下がってもくれない。

そして今年も5年前や去年と同じ説明を受け、それほど悲観しなくていいと分かってはいるものの、心に暗雲が立ち込めます。

今日の説明時、先生は「1600というのは発病の可能性が低くは無いというレベルです。
お腹が張ってくるとか、視線が合わずにボーっとしているとか、何か体調に変化があったら、すぐに連れてきて下さい、というレベルです。」と言いました。

でもFIPという病気で「何かあった」時、それは確実に「死」を意味しています。
何かあっても、何も手を打てないのが今の医学の現状なのだから。

発病したら劇症化してあっという間に天に召されてしまう。

それがFIPという憎むべき病気の正体です。

ただ、ヒメは今日も元気にしている。抗体値が高いからと言って発病するわけではない。

この事実だけが心の支えです。


実は尿検査でも、今回のヒメのクレアチニンの値は正常値とは言え上限ぎりぎりでした。
これに関しての先生の意見は「細かいことを申せば、療法食だけの食事の方が望ましい。でもこの値ではこの子の腎臓はまだそれほど心配する事は無いので、市販の缶やご飯などは、今まで通り『おやつ』としてならあげて大丈夫です。」とのことでした。

「食卓」はヒメのおやつが記事の主旨です。
ヒメ自身に何かが無い限り、ヒメが「おやつ」を食べられる内は続けて行こうと思います。

私もヒメの体調に目を配り、自分でも「おやつ」を食べてみたり調べてみたりして厳選して、あげ続けて行こうと思います。

そしてそれが、これを読んで下さっている皆さんに少しでも参考になれば、望外の喜びです。

<はむゆみさんへ>
先日は「敗者復活便」ありがとうございました!!

はむゆみさんが敢えて「ヒメと同じシマシマだから」と選んでくれたという置物、ヒメと対面しましたよ。
DSCN9910_20101211150304.jpg
「ふ~ん。随分コンパクトなあたしねぇ。カワイイから気に入ったわ。」


そしてシマシマ子ちゃんと一緒に頂いたもう一つの、猫さんのストラップ。
DSCN0484.jpg

私はしばらくそれを見ていてある事に気が付きました。

このストラップの子。
真っ白な体。
そしてブルーの瞳。。。

あ・・・。
CA3A9993_20101211150206.jpg

CA3A0042_20101211150206.jpg


ありがとう、はむゆみさん。

私は、このストラップの子を愛おしく握りしめましたよ。

そして私はこの子を、私の息子の写真の付いた愛車のキーホルダーにつけました。
DSCN9902.jpg

毎日車に乗る私が、日々一番使う一番大切な鍵に。

ずっと一緒に居られるね。

何だか、今はもう会えなくなってしまったあの子の存在が、今少しだけ身近に感じられます。

ありがとう、はむゆみさん。

この白猫さんのストラップ、ずっと大事に大事にしますね・・・。

2010'12'11(Sat)16:30 [ 13歳以上用 まぐろ ] コメント(16) TB0 . TOP ▲
comments


このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/11 17:41  | | # [edit]


このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/11 20:14  | | # [edit]


ナオキ、この数回健康診断で、白血球が少ないとひっかかっているのですが、
よく見ると大昔から少なく、多分、その後痩せたせいでもうちょっと少なくなって、
ひっかかるようになったみたいです。
精密検査の結果も、個人差の範囲ということでした。
きっと個体差ってあるんだと思いますよ。猫さんも。
また、FIPは、多くの猫が感染しているコロナウイルスに対する、
過剰な免疫反応が原因と考えられている…と、以前本を読んだことがあります。
コロナウイルスに感染しないことは難しいので、
ストレスを避けることが一番の予防と…発症しなければ、何も問題ないのですもの。
とは言え、たとえば、ちわりは昔腫瘍の手術をしているのですが、
それ以来、ちょっとしこりがあっても、吹き出物が出来ても、心配でたまらないのです^^;
どんな病気からも守ってあげたいけど…無菌室でずっと眠らせて長生きするのでは、
猫だって幸せではないでしょうしね。
どうしてあげるのがベストなのか、難しいことが多いですよね。
ごはんも、18年前は良質のカリカリオンリーで育てるのが、一番いいと思いました。
人間の食べる物や、ウェットタイプのものより、カリカリがいいのだと、
良かれと思ってカリカリだけで育てましたが、はたしてそれで良かったのか…
まぁでも、わたしだってスモッグの東京でやば~い水飲んで、農薬たっぷりかかった野菜食べて、
ここまで育ってるわけですからね(笑)
今できること、良いと思えることをしてあげるしかないな~って思います。

ミニゆきりくん、やんちゃっぽくてかわいいですね^^
↓のプレゼントもステキです^^
2010/12/11 21:37  | URL | yuki #vh/yKwqE [edit]


ヒメちゃんは自分で自分の体に合うものを
判断してる感じがしますよね。
ウチのは濃い味だったら美味しく食べちゃうんだろうな。。
数値の件、事実として受け止めつつも不安ですよね。。。
未来は今の積み重ね。
ヒメちゃんが幸せと思える毎日が病気を遠のかせてくれるのを祈ります。
ハナもまだ膀胱炎が治らず・・明日検査等を相談予定です。
2010/12/11 22:07  | URL | タラ #- [edit]


こういう時猫さんとお話し出来ないかな、って思いますよね。
「ヒメちゃん、体の調子はどう?どんなご飯が好きなの?」
これが出来ないからヒトはより心配になってしまうのかな、って。
タラさんが言ってるように今の積み重ねが未来につながってる。
今のこの不安や悩みも全てが未来のヒメちゃんの健康の為と信じて
この「食卓」がずーーっと続く事を祈っています。

白猫さんストラップ、別途ご紹介ありがとうございました。
このコには黒猫さん灰猫さんの兄弟がいるのですが
青い瞳のこのコを見て「あっ」となったんです。
実はゆきり君の事を思って購入したんです。
しかしPurikoさんの深い悲しみを思うと逆効果かと思って
一時は自分ちの子にしようかと思っていました。
でも思い切って一緒に入れて良かったです。
あえて「ゆきり君みたいと思って買いました」と言いませんでしたが
それも伝わった上で喜んで頂けてとっても嬉しく思います。
ちなみにうちには黒猫さんを連れて帰りました。兄弟ですね♪
2010/12/12 01:21  | URL | はむゆみ #HS5l7qlE [edit]


ヒメちゃん、ちゃんとわかってるんですね♪
私は彼女にお刺身や鶏肉などを
あげなかったことをずっと後悔しています。
もっといろんなものを食べさせてあげればよかった・・・と。
満足したお顔もっと見たかったです。

数値が高い=発病ではない
とわかってても、不安は消えませんよね。
2010/12/12 14:38  | URL | ぴなた #gFXHIlXM [edit]


このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/12 18:33  | | # [edit]


★お一人目の鍵子さん
そうですね。過去にFIPで亡くした子がいるので検査してみたら、こんな数字が出て。。。

ストラップは私の宝になりました。送り主の、はむゆみさんには感謝です。

心の風邪、引かないように気をつけますね。ありがとう。

★お二人目の鍵子さん
お返事はお邪魔して致しました。お読みになられたみたいですね。
心中、お察ししています。。。

★yukiさん
スーパーマンのナオキさんでも引っ掛かる項目があるんですね。。。

コロナウィルスは、yukiさんが仰る通り、大抵の猫さんが普通に持っている物ですがそれが変異した時が怖いんですよね。
ストレスもその誘因の一つなので、なるたけストレスの無い生活をヒメには送らせたく、それで食べ物も療法食だけではなく、色々とバラエティーに富んだ物をと、「おやつ」をあげてます。

ただ無菌室で育てるようにストレスフリーが良いかと言うとそうでもない所が難しい塩梅ですけどね。

ミニゆきりも、前記事の頂き物もとても嬉しい贈り物でした。

★タラさん
ヒメも、そしてハナちゃんも、今の自分が何を食べたらいいかは、本能的に知っているのではと思いますね。

ハナちゃん、膀胱炎中々治らないのは心配です。
今日は、検査行かれたのかな。
タラさんも忙しい間を縫っての通院だから大変だと思うけど、ハナちゃんが早く良くなること祈ってますね。

★はむゆみさん
そうですよね、細かい会話が出来たら色々わかるかも、とは思いますね。
でもヒメは態度そのモノが雄弁だったりするから、分りやすいって言えば分りやすいんですけどね!
いらない物は絶対食べないし!

白いストラップの子、本当に本当に、素敵な贈り物です。
敢えて私に送っていただいて本当に感謝してます!!

はむゆみさんも、敢えてストラップの子について触れないなんて、奥ゆかしい事なさるから!! 私自身ストラップをじっと見ていて、その事に気が付いた時に、なんかあの子と会えた・・・と言う思いが強く感じられて、♂がこんな事言うと気持ち悪いと思いますが、目から水が出てきました。
はむゆみさんの所には兄弟の黒ネコさんが居るのですね~。

はむゆみさんの気遣い、心がずしりと伝わった素敵な贈り物でした。
ずっとずっと大切に使います。
どうもありがとう・・・。

★ぴなたさん
実はFIPに関係した事を書く時に、ぴなたさんにまた辛い事を思い出させてしまうのでは、と少し後ろめたい気持ちがいつもあるのです。
今回も彼女の事を思い出させてしまい、ごめんなさい。。。

でも彼女はお刺身や鳥肉よりも、猫愛の人、ぴなたさんと出会った事、そしてちょびちゃんと時間が過ごせた事の方をずっと心に残していると思います。

不安は消えません。
でも未来は何があるか解らない。良い事もあるだろうし。
なので心配し過ぎないようにはしています。
それだけに今日を精一杯楽しく幸せに。と努めてます。
ヒメも今すやすや寝ています。ぴなたさんのみんにゃも、色々up-downはあっても元気にしている。
それが一番ですよね。。。

★お三人目の鍵子さん
後ほど、お邪魔してお返事致しますね。。。
2010/12/12 19:14  | URL | Puriko #- [edit]


ヒメちゃんが選らんだ飼い主ですもの
Purikoさんと暮らして後悔はしないと思いますよ。
数値は確かに心配ではありますが
Purikoさんはできるだけのことをしているのですから。

はむゆみさんからのゆきり君 素敵なプレゼントだと思います。
2010/12/12 20:06  | URL | ヤムヤムママ #- [edit]


数値がわかっても、何もできないとこが悔しい。
このままずっと、何も起きず、長生きできますように・・・と祈ります。
すっごい元気な子が事故で逝っちゃうことがあれば、小さくて弱そうな子が結構長生きしたり・・とにかく健やかでいてほしいですね。
おやつ、まだ食べて大丈夫でよかったね。

最近、陸の調子があまりよくないのでうちはおやつカットです。
でも、もし天国にいっちゃったら、せめて最期はおいしいものを食べさせてあげたかったと後悔しそうです。

人間だって生活の質が重要だったりするもの。猫さんも同じよね。
2010/12/12 21:09  | URL | 陸花の母 #- [edit]


★ヤムヤムママさん
優しい言葉。ありがとうです。。。
安心できない数値ではありますが、出来るだけの事はしようとおもいます。

はむゆみさんの心遣いは心打たれました。。。

★陸花の母さん
そう、確かに、その結果を前に何もできない。
ウイルスを駆逐する事さえも。
悔しいですね。

うちは、てんかん持ちで常にup-downの激しいプリばかり心配してました。
でも、一番病気知らずの子が突然逝ってしまった。
このショックはまだ続いています。

陸君、大丈夫ですか。

私も、ある病気にかかり、それから治る為ならガチガチの療法食でも良いと思いますが、大きな目で生きて行くことを考えれば、QOL、生活の質は大事だと思いますね。

2010/12/13 00:16  | URL | Puriko #- [edit]


人間の寿命に比べると、僕達は確かに短い。
短い人生の中で、日々が楽しく濃厚だったら言うこと無しだよ。
チョミさんが訊きに行った自然療法セミナーのクレス先生は、QOLの
大切さを沢山話してくれたって。
一番望むのはそこだよね。
もちろん身体に悪いと知っててあげるのもちょっと意味が違うけど、
身体の為だけに絞ってのご飯も、ちょっとストレス溜まるかもね。

人間と同じで、たまには違うモノも食べてそれでまた普段の生活に戻って。
ストレスが一番いけない。

そして一番の栄養は、家族の愛情。
それだけを持って(もちろん人間もね)最後に旅立つんだ。
2010/12/13 01:19  | URL | クリちゃんです #- [edit]


Purikoさんが書いてることを読んでて、
ふと、入院してる祖母のことを思い出しました。
体に良いからと療法食を出すのがいいのか
(でも療法食はまずいからと言って祖母はほとんど手を付けないようです)
体にとってあまり良くないけど好物のものを出すのがいいのか
折角一度しかない人生(猫生)、食べる楽しみまで奪ってしまっては…とも思うし、
かといって、なんとか長生きして欲しいとも思うし…。
ヒメちゃんは、自ら体にいいものを選んでくれるとのことなので、
その点はホント気が楽というか、安心ですよね。

数値のことで不安になってしまう気持ち、伝わってきました。
でもできるだけ前向きに考えていけるといいなと思います。
悪い予感を口に出したりすると、言霊になって、悪いことが本当に起こったりする、
と先日知人に聞いたんですが、
じゃ、良いことを口に出してたら、きっと良いことが起こるんじゃないかな、と考えたりしてます。
2010/12/13 08:41  | URL | hyakka #wyPnW/yE [edit]


このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/13 21:17  | | # [edit]


私も悩んだ事がありました

前にいた腎不全の猫だったんですが 保護した時から 先生に末期なので 長くは生きられません
と言われた 
腎不全のご飯は不味くて 嫌がっていたけど1日でも長く生きてほしかったのであげていました
でも 彼にとって幸せなのかな?と思い 彼の好きなご飯をあげようか悩みました 
最期の時 幸せだったかな? と思いながら彼を撫でていました

難しい問題ですね
2010/12/13 21:26  | URL | ごまママ #- [edit]


★クリちゃん
QOLの事を考えると、多少の「遊び」はあっても良いかもですね。
「遊び」の部分が無いと車のブレーキも急発進か急ブレーキだけになって、それはそれでとても良くない気もしますものね。

ストレスはよくない。愛情が一番。
心から賛同です。。。

★hyakkaさん
お祖母様、嫌いな物は手を付けたがらないのですね。

人間も様々ですよね。
愛煙家でお酒もがんがん飲んで元気に長生きする人もいれば、一本もタバコ吸わない人が肺がんになったり。

そうですね。
未来の事は心配してもしょうがないし。
出来るだけいい方向に言葉に出してみて、考えるようにもしますね。
良いアドバイスありがとうです、hyakkaさん。

★2010/12/13 21:17の鍵子さん
ご多忙のところコメントありがとうです!!
「数値が少し不安でも、元気であればきっと大丈夫!! 」との言葉、励まされました。
どうもありがとう。

はむゆみさんからのストラップの贈り物はとても心に響きました。
今でも私のそばにありますよ、車の鍵束。
とても貴重な鍵束です。

★ごまママさん
うーん、難しいですね。

特に「末期」なんて宣告されると。
命を取るか、楽しみのある生活を取るか。。。

この答えは中々出ないかもしれませんね。。。
2010/12/14 16:52  | URL | Puriko #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://neruyokihi.blog90.fc2.com/tb.php/356-9ea62597
trackback