猫姫の食卓  味にウルサイ、ネコさんたちはどんなものを食べているのでしょう。。。
12≪ 2014| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303101/ ≫02
ご主人様の前掛け
食べる事への興味が現在消滅してしまったサビ猫。
「無理やりご飯あげ」が続いているのですが、シリンジであげているとどうしても中身が垂れたり、飛び散ったりするのです。
ペースト状のa/d缶、布につくとべっとり染みついて取れません。
そして何より、プリの胸の辺りが垂れたa/dペーストでがびがびに。。

Petakoが居る時はプリの顔から下をバスタオルでくるんでもらえるのですが、一人ではこれはダメ。
しかもサビ猫、無理やり食べは好きでないので、ちょっとした隙にさーっと逃げていき、この時タオルは落ちてしまう。

「猫さん用の前掛けが無いだろうか。」とツイートしたのがきっかけでした。

程無くして、ドンタコスの下僕さんが、「作ろうか」と声をかけて下さったのです。

まさかどなたかが作ってくれるとは夢にも思ってなかったので、感謝と驚きでどひゃーとなっていたら、生地まで選ばせて頂きました。
私は迷わず、ご主人様と同じ柄をチョイス!
ご主人様の前掛け
ご主人様、以前食欲が芳しくない時に「ご飯あげ」されていて、その時に下僕さんはもう前掛けをご自分で作られていたのでした。

そして、届きました!!!
DSC_0345.jpg

二着も(涙)
IMGP0923.jpg
長毛のプリの為に裾長めを作ってくださいました。なんというお心遣いでしょう(鼻汁)

ご主人様専属の名テイラーで名を馳せておられる下僕さん。
前掛けもショップで売って無いのがおかしいクオリティーです。細部にわたり綺麗に作られているのが素人の私にもわかります。

さっそく着さしてもろて、食べるよー!
IMGP0929.jpg
なんとハンスト続行中のサビ猫、少し痩せてしまって、洗濯ばさみで止めてやっとです(涙)。

短毛猫さん用を着用致しましたが、体が小さい分カバーする範囲は十分で、垂れたペーストは前掛けがきちんと受け取ってくれます。
そしてラミネート加工の生地なので、落ちたペーストはシミになる事無くサッと拭き取れます。あとツルツル。
これが嬉しい。タオルだとシミだらけになって洗濯機直行ですから。効率悪し。

これで、がびがびフリーよね!!
IMGP0932.jpg
着せた時に自然なカーブが出来て、猫さんの体にフィットするように作られてるんですね。すごいでつ。
猫さんの体を知りつくしているのねウフフ


あとは私の「食べさせ方」ですね。
今迄はプリの右横から近づき、右ωをめくりシリンジを入れていました。これだと後ずさりして動いた時に垂れてしまいます。

ツイッターで下僕さんと前掛け製作の事でやり取りしている時に、下僕さんのご飯上げの動画を見せて頂きました。

ご主人様に真後ろから接してますね。そして「取りこぼし」が無い!
このテクはすごいぞ、と。
このビデオをチュートリアルにして、後ろからプリにご飯をあげてみると、バックで逃げない為か、よりスムーズにあげる事が出来ました。

タラさん曰く「ザリガニの原理」だそうです。
サビ色のザリガニね♪

あとはプリのωのめくり方ですね。
なるたけ圧迫感の無いように、水饅頭をつぶさないように指で点で触れるようにしてますが、チュートリアルではそもそもωをめくってませんね。
プリの病院でも、看護師さんが結構な量のペーストを口に入れて、それをプリがどんどん食べていました。
何かあるのね、阿吽の呼吸が。。。
それを早く見つけないとね。

無理やりご飯上げは今日も続きます。

下僕さん、素敵なポンチョ、いえ、前掛け、ありがとうございました!!!!!

パンニャムのCAさんの写真、ありがとうね~。
美しいわ~。むらむら。むらむらするな。。。
IMGP0940.jpg


こちらはサビ猫ペンギンかちら??
DSC_0343.jpg
こんな子居たらかわええ~♪

下僕さんによる製作過程はこちらでございます→「★」

2014'01'31(Fri)14:49 [ ★贈り物 ] コメント(24) TB0 . TOP ▲