猫姫の食卓  味にウルサイ、ネコさんたちはどんなものを食べているのでしょう。。。
12≪ 2013| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303101/ ≫02
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . TOP ▲
食べながら歯磨き
「猫を虫歯に出来たらノーベル賞」
なんて言葉を読んだことあります。
歯医者さんの待合室に置いてあった本に書いてありました。

猫族は食べて歯を磨かなくても、虫歯にならないそうです。
虫歯菌がそもそも猫族の口の中では生きていけないのだとか?

物心ついてから、毎晩歯を磨いているにもかかわらず、虫歯になりまくり、しかも歯を削るだけで麻酔などしなかった時代から歯医者さんの世話になっている身としては、あのぎーぎーがーがーと無縁だなんて羨ましすぎです。

そうか、おヒメは虫歯にならないのか。
いいなあ。
DSCN9773_20130129231532.jpg
でも、ほんとに歯は大丈夫か、気になるから、ちょっと見せてごらん。

なんて、この子には出来ません。
この子がじっと抱かれて、更に口をめくらせて、「あーん、いい子だね」なんて夢のまた夢。

大人しく口を触らせない気性の荒い子の親の皆様(うちは、爪切りも平和裏に終えたことありません。病院で体温も測らせないですし、シャンプーなんて未だ想像した事すら無いです。)
こんな製品、見つけました。
DSCN9735_20130129231331.jpg

DSCN9814.jpg

DSCN9811_20130129231602.jpg
米国からのカリカリです。
結構きちんと作られている印象を受けます。

ヨモギ色をしています。
DSCN9743_20130129231333.jpg
一粒一粒の形が違うと食べる感触が違って食べやすい、という話を聞いた事があります。

食べてみると、普通にカリカリの味です。
ヨモギや歯磨き粉の味は、当たり前ですが、しません。

全体的に一般のカリカリよりも薄い味付けかな、と思います。

ガイドの通り、24粒、お皿に出してみます。
製品の質以上に、問題はこの子が食べるかどうかです。
DSCN9754_20130129231531.jpg


「・・・・・・。」
DSCN9752_20130129231530.jpg


この日はこのまま、このヨモギ色のデンタルケア・カリカリはヒメの口に入る事無く、過ぎていきました。

しかし次の日。
食べている! お皿を変えたからか、場所が良かったのか。食事は食器やシチュエーションも大事なのですね。
DSC_1168.jpg
食事台が以前の100均のブックエンドを倒したものに戻っているというのは、先に告白しておきます。

その後、順調にオヤツとして食べているグリニーズ。
歯を触ろうとすると爪が飛んでくる子の口腔ケア製品としては覚えていていいかもしれません。


お値段は少々強気ですが、味のバラエティは充実しているみたいです!
DSC_1045.jpg

スポンサーサイト
2013'01'29(Tue)23:45 [ 未分類 ] コメント(9) TB0 . TOP ▲
    




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。