猫姫の食卓  味にウルサイ、ネコさんたちはどんなものを食べているのでしょう。。。
01≪ 2011| 1234567891011121314151617181920212223242526272802/ ≫03
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . TOP ▲
プロテイン満載うどんと、ちょいとダイエットについて
一昨日、金曜日は東京地方、日中の気温が20℃になり春一番が吹きました。
DSCN0506_20110226164915.jpg
暖かいと外に飛び出す気満々なお嬢。

しかし夜になると気温は急降下。
散歩の欲求はすっかり失せ、オヤツの催促です。
この夜はこちら。
DSCN0476_20110226164830.jpg

DSCN0478.jpg

DSCN0480_20110226164829.jpg

DSCN0482_20110226164829.jpg
「シラス入り」は塩分が高めのイメージがありますが、これはどの部分を食べても塩気は感じません。
シラス入りモノの中でも安心してあげられる一缶です。

お嬢も気に入ってます。
DSCN0469.jpg

と言っても、この子の場合バリ残しするし、舌で吹き飛ばすので食後の食い散らかし様がスゴイですが。
DSCN0485_20110226164828.jpg
気に入らないと鼻も引っ掛けないので、この程度食べれば、気に入ったレベルに入るのです。

ヒメのオヤツ時間は二本脚の晩御飯時間でもあります。

前々回ご紹介した、チョミさんからの「焼き肉のたれ」で少しアレンジ料理してみました。

千切りした長ネギ、しめじ、既に角切りしてある冷凍豆腐(生協で購入。おみおつけなどに便利。)をタレで和えて炒めます。(Petako考案。Puriko調理担当。)
DSCN0409_20110226164615.jpg

お約束の「鶏肉+チョミさんのたれ」に添えて出来上がり。
DSCN0419_20110226164646.jpg
豆腐と辛みのあるタレがマッチしてウマーでした。
このタレ、まだまだ色々とアレンジが出来そうですね、チョミさん!!


さて食い意地の張った二本脚、もう一品と台所を見渡すと。
「さばの水煮缶」を発見。

さばの水煮缶を見ると思いだすモノがあります。
以前、木曜日の夜に県民の食生活をアレコレ紹介してる番組で観たとある料理。

それは先ず、さばの水煮缶と納豆のコラボから始まります。
DSCN0450_20110226164645.jpg

お椀に納豆と、さばの水煮を煮汁ごと。
DSCN0490_20110226164916.jpg

それにネギ。
DSCN0453.jpg

かつお節。
DSCN0454.jpg

DSCN0458_20110226164644.jpg

刻み海苔と卵を載せて醤油か麺つゆを入れ、釜揚げうどんを入れて食べる「ひっぱりうどん」なるものです。
DSCN0492.jpg

お椀の具をとにかく出来るだけ混ぜて、そこにアツアツのうどんを入れて「ぞぞぞーっ!」と食べる山形の郷土料理です。
納豆大好き納豆星人の私は、テレビでこの「ひっぱりうどん」を観てから一度やってみたいと思ってたのでした。

味はレシピ通りに作るとさすが東北料理、結構塩辛いですが、そこは醤油か麺つゆの量、もしくはさば缶のつゆの量で調節できそうです。さばの水煮缶も結構味が付いてますからね。

意外にもさばと納豆の味が良く合い、何と言ってもお椀の中の具の冷たさとうどんのアツアツさのコントラストが又良し。

さば+納豆+卵なので蛋白質もバッチリ摂れるし、一番いい所は、大抵の和食はそうですが、調理に油を使って無い所。

胃にもたれない夜食として、ノンアルコールビールと共にマイブームの一つとなりそうなのです。

(因みに「ひっぱりうどん」でググると、クックパッドはじめ沢山レシピが出てきます。納豆NGでない方は是非お試しあれ~)

>> 続きを読む
スポンサーサイト
2011'02'27(Sun)00:00 [ 11歳からの シラス入り まぐろとささみ ] コメント(15) TB0 . TOP ▲
    




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。