FC2ブログ
猫姫の食卓  味にウルサイ、ネコさんたちはどんなものを食べているのでしょう。。。
11≪ 2010| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303112/ ≫01
お断り
本日も「猫姫の食卓」に寄って下さり、ありがとうございます。

今回は少しだけ「お断り」をさせて下さい。


私にはヒメの他にも子供達が居ます。
CA3A9942.jpg
通常全然「食卓」には登場しませんが、私が当「食卓」の中でたまに「実家猫達」と呼んでる子達です。

彼らは全員FeLV(猫白血病ウィルス)キャリアなので、ノン・キャリアのヒメと接触する事の無い拙実家で暮らしていますがヒメ同様、私の大切な子供達である事に変わりはありません。
CA3A9763.jpg

CA3A9760.jpg
そして先の10月28日、私は、自慢の息子だった真っ白でブルーの瞳の「ゆきり」を、4歳という若さで亡くしました。

今は三毛のマヤと、サビ猫のプリが暮らしています。彼らは今3歳です。
CA3A0106_20101224190739.jpg
(プリの名付け親も私で、私の「食卓」での名前Purikoと同じ由来、ヒメのあだ名からです。獣医さんに登録してある正式名称は「プリシラ」です。「プリシラ」と聞くと、映画の「プリシラ」を思い出される方も多いみたいですね。)

彼らは同時に生まれた姉妹で、とても仲好しです。
CA3A9897_20101224190842.jpg

昨日12月23日木曜日、サビのプリが入院しました。
プリ

4、5日前から食欲が落ち出し、瘠せが顕著になってきたので体重を計測したところ、ついこの間まで3.2kgあった体重が1.88kgまで落ち込んでいたので、急遽病院に連れて行き、検査及び治療、栄養補給、体重増加入院となったのです。

プリは仔猫の頃から「てんかん」持ちでした。
CA3A9962.jpg

今年初めの2月、てんかんの発作が止まらず、抗けいれん薬の副作用から食欲が無くなり、体重もベスト体重3.2~3.5kgの子が、2.45kgにまで落ち込んだので1カ月入院しました。

そして入院中見事体重も3kg台に復活、けいれんも最少の薬量で止まり、退院し家に戻りました。
CA3A0186_20101224190739.jpg
それからはもりもりと食べ、どんどん元気になって行きました。

けいれんも10月の半ばに2、3回発作があった以外は、全く無事で過ごし、体重も少なくとも10月までは3.2kgをキープ。
CA3A0017_20101224190739.jpg

しかし数日前より食欲の減退が余りに顕著な事と、前回入院時より体重の減少が酷い為、入院、加療となりました。

先程、午後7時20分、先生から電話があり「血液検査の結果、腎臓は正常だが、膵炎、肝炎の可能性があり、そちらを今精査中。そして食べたい意思はあるけど、口内炎がひどいので食べられないので、翌週の火曜日までインターフェロン治療をしたい。」との事でした。
良い知らせは「体重は今日2kg台に戻り、状態が良ければ火曜前、日曜日とかの一時帰宅も可です。」というものでした。


彼女は小さい頃から「てんかん」をはじめ体調のアップ・ダウンは激しく、その為私の子達の中では1番通院経験があります。

しかしいつも「今度はダメなのかも」という状態で入院しながら、キチンと復活する強さも持っている子です。
CA3A0575.jpg
また、3kgを超えてずっしりした体になって、食いしん坊になって、そのフクロウのようなクリクリした目を輝かせて戻ってくるのを、私は信じています。

プリが入院中は容体の変化も考えられますし、お見舞いをしたり、又退院が決まり自宅ケアの時は時間も必要となって来ますので、しばらく「食卓」の定期更新、及び、皆さんの所への訪問・コメントも出来なくなってくるかと思います。

もし皆さんが記事を更新されても、(あの下品でイマイマしい迷惑者の)Purikoのコメントが無い時は、「あー、あいつパニクッてるんだな」と、御容赦下さい!!

余りに悪い状況にならない限り、出来れば当「食卓」は、(かなり簡易な、お返事が出来ない一方通行的更新に、当分はなるかと思いますが)続けるつもりです。

以前も書きましたが「食卓」は猫さんご飯のレポ・私なりの考察、ヒメの「おやつ」の事がメインです。
(実家猫達の生活がメインのblogでしたら、先の10月にゆきりを亡くした時点で、私はblog自体を永久に閉じたでしょう。)

ヒメが元気で、「おやつ」を食べ続けられる限り、「食卓」はやっていくつもりです。

また、ゆきりを亡くした時に、私自身の心情を包み隠さず打ち明けられ、また心からの同情、お悔やみの言葉を下さったのは、この「食卓」に来て下さる皆さんでした。

あの時程、皆さんの存在を有り難く感じた時はありませんでした。

実は、彼が逝ってしまった時に一時「食卓」を止めようと思った私でしたが、励ましてくれた皆さんが、ここ「食卓」に居たからこそ「食卓」も継続しようと思えたのでした。

本当に、いつも、どうもありがとうございます。。。

プリは強い子です。また元気に復帰すると強く信じています。

そしてその時又、あのヤらしくて下品なPurikoも、エゲつないコメントと共に出没し出しますので、その時は「また出て来たな。しゃーないな」とユルーく寛大な気持ちで迎えてくれたらうれしいです。

それでは。

いい年の瀬をお過ごし下さい!!

Puriko & ヒメ

スポンサーサイト



2010'12'24(Fri)20:30 [ 未分類 ] コメント(12) TB0 . TOP ▲