猫姫の食卓  味にウルサイ、ネコさんたちはどんなものを食べているのでしょう。。。
03≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293004/ ≫05
ヒメ肥ゆる秋
やっとスポンサーサイトを取っ払うことができました。ほっ

点滴通院、続けています。
DSC_0182.jpg

ですが、頻度は少なくなって、今は週一に!
点滴回数を減らしても、おピッコ回数、飲水量に変わったところは無く、体重などはかえって増えて、直近10月17日に3.5kgをマーク。

そして、元気!
病院の待合室でも、みんなおとなしく待っているのに、この子は違う。
DSC_0219.jpg
「開けて、出して。」

すたこらさっさ
DSC_0222.jpg

順番が来て名前呼ばれて、抱かれながら病院に戻ってくる時の不満顔と言ったらありません。
病院でも、猫が出ていく姿はかなり珍しいらしく、「脱走」のその度に「えー!」と注目浴びてます。

そしてこのところ秋も中盤、気温も下がりついにヒーターオン。
DSC_0284_20151019115154e42.jpg

その内、温風ヒーターの前から動かなくなる半冬眠の冬が来るのだから、今の内にガシガシ外を歩き倒しておいで~。


2015'10'19(Mon)12:09 [ ★フランス産カリカリ(ロイヤルカナン) ] コメント(1) TB0 . TOP ▲
ばいばい菌
先の検査結果が出たので、病院に行って参りましたよ。

「また拉致られて、ここに連れてこられたわよ。むー」
DSC_1786.jpg
今日はチクンは無いので、安心して下さい。

結局「菌」は培養したが育たず、とのこと。これは「菌は無かった」とみなして良いとの事。ヨカッタ!
各数値も安定していて、ヒメの腎臓は大丈夫とお墨付きを頂きました。

では膀胱内の尿の潜血はどこから来るのか、という事なのですが、これに関して「膀胱内に造影剤を入れ、エコーで映らない石の存在、また膀胱の形を確認する方法」の提案を頂きました。

ただカテーテルで造影剤を膀胱に入れる時、部分麻酔の必要性がある事などストレスある検査だとの事。
なので、シュウ酸カルシウムの生成を止めるお注射を続けてみて、その後再検査し潜血がまだあるようなら造影剤検査をする、という案に落ち着きました。
ヒメの石の成分はシュウ酸カルシウムです。

先ずヒメ子、レントゲン撮影をしました。石が膀胱内にある場合、かなりの確率でレントゲンに映し出されるらしいです。
撮ってみると、石らしき物は膀胱内には映って無かったのですが、腎臓に結石が見つかりました。むー。

注射はカルトロフェン・ベットというもの。
もしかしたらこの注射で腎臓結石も、期待は出来ないが、消せるかもしれないとの説明。
その可能性にもかけて、先生はこの注射をやってみたい、と仰ってました。

毎週一回、先ず四週間やってみて様子を見る事にしました。
腎臓結石、消えたらいいなー。

チクンは無いと言ってましたが、チクンされてしまったヒメ。注射は一瞬だったけど、すまぬ。。
やっぱ家が一番ね。
DSC_1791.jpg

本日30日、関東地方、猛暑日ですが、相変わらず蒸し暑い外で寝る元野生児。
DSCN9884_20130830151211a3e.jpg

サビは宅内ですが、これまた暑いベランダ窓辺。
DSCN9896_2013083015121339a.jpg
君たちったら。。。

そして肝心のヒメの食事内容ですが、腎臓OK、シュウ酸カルシウム対策の食事と言う事で、先生の指示で、今まで通りPhコントロール2で行くことに決定しました。
食事が決まった事は嬉しい事です。これでネットで大量注文出来る~。
沢山頼むと送料無料になるからね、てへ


前回はヒメの検査にコメント頂き、ありがとうございます。
ご心配頂きましたが、菌は無かったのよ、ばいばいき~ん

お返事するきんよ

★タラきん
ハナちゃんも最近は血尿が落ち着いてるそうで、嬉しいですよ!

★クリきん
クリきんは、お肉が多くてダメだったの?
コージより顔が腫れたらどうしましょー

★つきみぃきん
先生、猫好きみたいでそれもいいかな。
オトナの炭酸、やめられまへんな

★ヤムママきん
目の前なんてダメですわ~
検査する当猫よりヘタレなのです。
注射さえも見てられませんの

★エムきん
菌無かったきんよ~
るぽ、知ってます!まだやってます!

★エムきん
ルポ、かたかな?年配の方とか、がっつり来てるみたいですよ。
駐車場があるから行きやすいどす。
注射場じゃないよ

★エムきん
もっとコメらんかーい

★ぴなたきん
血液検査も見てらんないんですよ。
病院行くたび、貧血状態ですー

★まるこきん
ビール好き同志、かんぱーい!
ムクむの、自分だけではないんですね、ちょっと安心。
次の日人相が変わっても飲んでしまうのです。むむーん

★ほんなきん
脱糞でうっぷん? 何シャレとんじゃい!
誰の菌やねん! 伝染すでこら、えーかえーのんか

★sallyきん
圧迫排尿。一度やりましたが、苦しそうな声を聞いてからもう絶対無理!!
針の方がストレス無いのですね、そういう知識は本当に救われます!!
ありまとー

★下僕きん
下僕きんに「まだ検査行かないんか、おどれ」と脅され続けてビクビクしてたんですよ、なんてね!
やっと行けて、色々な事が分かると嬉しいね。
菌は無かったのよ、ほっ。。

★hyakkaきん
菌は無かった、ばいばいきーん
下僕さんの知識は本当にすごいですね。
信頼できる病院もあり、皆さんからも色々教えて頂き、感謝しておりまする!

★通りすがりきん
細かくしないと食べないワガママ子なのです。
これからも宜しくお願い致しますー!


ジュリーちゃん、絶賛家族募集中!
http://dkcb.blog69.fc2.com/blog-entry-1581.html

2013'08'30(Fri)16:04 [ Phコントロール2 ] コメント(9) TB0 . TOP ▲
キレイな子!!
一昨日、昨日と濃い血尿が続いたヒメ。

昨日昼にウロピースの潜血部分の所をまたまた真緑(潜血+3)にしたので、病院に即電話すると「とりあえず、尿だけ見せて下さい」とのこと。

来院して検査結果を聞くと、潜血の多さに加え尿石の元の「シュウ酸カルシウム」が今回はたくさん出ていると!!

ガーン!! どんどん悪くなる一方ではないか!!

「でも、尿石は食事療法しかないんですよね。」と言う先生。

でも腎臓サポートとヒルズc/dをあげていて、このひどい尿。
この他に何食べさせていいやら、と思いあぐねていたのですが、しばらくして先生も私達も「これを食べてもらおう」と、ある同じ意見に辿り着きました。

そのご飯を病院で頂いて、帰ってすぐヒメにあげました。

そのご飯を、パックパク食べるヒメ。

腎臓サポートとヒルズは全撤収して、宅内のご飯は全部そのご飯にしました。



そして一夜明け今日。

午前中トイレに行ったヒメのピッコを見ると・・・。

限りなく透明に近い、まばゆい黄金色!!

そして尿検査薬を試すと・・・。

潜血ゼロ!!!!!

あれだけ、この一カ月しつこかった潜血が、きれーーーに消えたのです。

狂喜乱舞の私達!!!

そして、そして、昨日病院で意見がまとまり、何をヒメに食べてもらったかというと。

こちらでした。
DSCN8674.jpg

お嬢一番の大好物。 ロイヤルカナンのPhコントロールでした。

思えば、これを食べていた時は何年も膀胱炎が長引いたことはありませんでした。

「ロイヤルカナンのPhコントロールはナトリウムが多い」と、あるところで聞いた私の独断で、この夏ヒメにあげるのをスパっとやめてしまい、代わりにヒルズのマルチケアc/dをあげだしたのでした。

でもそれと時期を同じくして、激ヤセがはじまり、今月に入り、血尿の日々。

ヒルズのc/dも優秀なカリカリでしょう。それで助かってるネコさんも多いはず。

ヒルズが悪いのではないと思います。

長いこと大好きで食べていて、なおかつ健康だった食べ物をバッサリやめてしまった私の判断こそが間違いの大元のように思います。

「ナトリウムがどうの・・・」という知識よりも、それを食べていて健康だったという事実の方を尊重すべきでした。

頭でっかちはアカンですね。色々反省です…。

ピッコがきれいになり、気持ちよさそうな今日のヒメです。
DSCN8655.jpg

何だか顔もフクフクしとるね。
DSCN8669_20090824200109.jpg

ピッコ、キレイな子になりました~。

一応、浮かれすぎずに、これから二週間は採尿、潜血チェックは続けていきます。

でも、この食べ物が変わってすぐのピッコ激変キレイぶりは、人間にとって嬉しいショックなのです。

食べるモノってやはり大事なんだなあ…。


ちなみに、Phコントロールには、ゼロ、1、2とありますが、シュウ酸カルシウム対策にはゼロは向いてないそうです。

シュウ酸カルシウムには、この「2」が正しいとのことでした。
>> 続きを読む
2009'08'24(Mon)20:00 [ Phコントロール2 ] コメント(16) TB0 . TOP ▲
毎春の攻防
天気の良い日が続いてます。

もう初夏の雰囲気ですね。

日中の散歩は、ちょいアツなのでそこそこに。
CA3A0099.jpg

毎春、車庫にツバメさんが巣を作ります。
CA3A0100.jpg

ヒメはその巣を出入りするツバメさんが気になってしょうがないのです。
CA3A0066.jpg

ツバメさん夫婦もヒメが現れると警戒して、急降下してヒメをけん制します。ヒメはそれが「ムカ」ついてたまりません。
CA3A0101.jpg

家に戻っても、窓の外のツバメさんをにらむヒメ。
CA3A0102.jpg
CA3A0103.jpg

初夏の恒例行事です。
すぐにこの巣は沢山の雛であふれかえり、その雛たちは一月半くらいであっという間に大きくなって巣だって、夏頃には巣は空になるのです。


それまでは、巣を下からにらむヒメと、そのヒメに急降下でイカクするツバメさんとの攻防が続きます。


でも家に戻れば、眠気には勝てませんね。ツバメさんに飽きて寝るヒメです。
CA3A0105.jpg

最近は塩分の濃いPhコントロールでなく、腎臓サポート(ロイヤルカナン)を食べてます。
腎臓サポートは塩分は極力抑えられていてるので、安心なのです。

同じロイヤルカナンでも、塩分の高いのはPhコントロールで、腎臓サポートやフィーメールケア、キトンなどは塩分はかなり低いですね。

同じブランドの製品群でも、成分はかなり違うのだという事が分かってきました。
2009'04'23(Thu)16:00 [ 腎臓サポートSPECIAL ] コメント(16) TB0 . TOP ▲
ゼロについての詳細
ヒメの主食のロイヤルカナンのカリカリを買う為に、いつも利用する「ペットビジョン」のHPに行くと新製品であるPhコントロール0(ゼロ)について詳しい説明が載っていました。

ロイヤルカナンのPhコントロールは以前からの2と1、そして0ゼロがありますが、ロイヤルカナンのHPなどを見ても今一つ違いが詳しく書いてなくて、どれを食べさせるべきか迷うことがあったのです。

以下はペットビジョンの説明です。

★ロイヤルカナン 猫用 phコントロール0[ゼロ] ドライ 500gの詳細説明

新製品 ロイヤルカナン 猫用 phコントロール0[ゼロ] ドライ (HIGH DILUTION)

phコントロール0[ゼロ]は、下部尿路疾患(ストルバイトおよびシュウ酸カルシウム結石症)の猫に給与する目的ので特別に調製された食事療法食です。この食事は、マグネシウムなどのミネラル成分を調製しております。ストルバイト、シュウ酸カルシウム両結石と突発性膀胱炎に対し、最も優れた効果を発揮するドライ製品として開発されました。phコントロール1よりも短期間でストルバイトの溶解が可能です。また、シュウ酸カルシウムのリスクもphコントロールドライ製品郡の中で最も低く設計されています。

【製品特長】
○ストルバイト溶解を容易にする尿生成を栄養学的にサポート
○栄養学的に飲水量を確保し、尿量の増加をサポート
○製品に含まれる各ミネラル成分またはイオンバランスを調製・・・尿ph5.8~6.2
○健康な膀胱粘膜を保護するためグルコサミンを配合

【カロリー含有量】
380kcal/100g(代謝エネルギー)

CA3A0533.jpg
膀胱炎の予兆のあるヒメにはゼロでよかったわけです。

そして今日のおやつは以前も食べた「ひとりしずか」の「かつおハラミといりこ
CA3A0557.jpg

全体的に塩気は殆ど無い「ひとりしずか」ですが、注意して食べるといりこの部分の味はほんのちょーっと塩気を感じます。

しかし躊躇無くよく食べるヒメ。
CA3A0555.jpg

いりこくらいは気にしないくらい膀胱の調子もよくなってきたのかな。

オピッコの出は今日も定期便で順調なヒメでした。
2009'02'15(Sun)23:00 [ Phコントロール0 ] コメント(10) TB0 . TOP ▲