猫姫の食卓  味にウルサイ、ネコさんたちはどんなものを食べているのでしょう。。。
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . TOP ▲
リアルお姫様食べ
また雨だね、ヒメ子や。
DSCN0575.jpg
雨の日のうちの子は無力であります。

なんたってこの「散歩大好き怪獣」、空からの落ちてくる水の為に全然外に出られず、家の中で寝てるしかないのですから。
「退屈ずら。無念だに。」
と夢で毒づいてることでしょう。

寝すぎて目が陥没気味です。
DSCN0578_20100930184802.jpg

しかし日中ガシガシ散歩してても、ただ寝まくるだけでも腹時計は正確のよう。

夜の定時におやつの催促なので、こちらをあげました。
DSCN0537.jpg

ヒメも大好きな「焼津のまぐろ」シリーズの年齢設定(11歳から)です。
これを含めると現在「焼津のまぐろ」の「11歳からの」は三種類になりましたね。もしかしたらもっと出てるかもしれません。
DSCN0539.jpg
DSCN0541.jpg

今日は私がスプーンで給仕です。一応お皿は出てますが、ご飯をよそう為というよりはコボれてくるご飯を受け取るものという機能を果たしています。
DSCN0496.jpg

本当の「お姫様食べ」とは、高いものや良いものをおうちで作ってもらったり、高級レストランで食べることではなく、自分では全く手を使うこと無く、お付きの物が彼女の口まで食事を運んでくれる食べ方なのかもしれません。
DSCN0505.jpg

次の一口がスプーンで口に運ばれてくるまで、お姫様、微動だにしません。
DSCN0503_20100930184510.jpg
「早く!」
「はい、少々お待ちを。」


スプーンの裏舐めも、舐め食べ子には必須です。意外とスプーンの裏側は舌への乗り具合がいいようです。
裏舐め

そして「ちょびっとだけ食べて、あとは大量に残す」ということも、もう一つの「お姫様食べ」のお約束です。
DSCN0521.jpg

お付きの者、残したものを頂いてみます。

さすが「焼津のまぐろ」シリーズ、ウマいですね。
鶏肉とまぐろの身が、鶏の出汁の効いた薄味のスープに絡み、そこにカニの風味も加わります。
お雑煮(東京地方)を食べている時のような風味が口の中に広がります。

うっすらゼリーに包まれていますが、このゼリーはすぐにスプーンでほぐすとスープになり、実は缶の底には沢山スープがあります。結構つゆだく缶でもあるのです。

美味しいもの食べて再び寝に戻るヒメ。
DSCN0588.jpg

雨が続くと、玄関やベランダに出て降ってるかどうかのチェックさえしません。
「どーせ、降ってるに決まってるわ」と分かってるみたいです。

そして低気圧にひたすら弱いヒメ。
雨の日は、もうとにかく眠くて眠くてたまらんのでしょう。

まあすぐに小春日和がやってくるよ。
それまで、ゆっくり寝てなちゃい。。。
>> 続きを読む
スポンサーサイト
2010'09'30(Thu)20:00 [ 11歳からの カニカマ入り まぐろとささみ ] コメント(17) TB0 . TOP ▲
    




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。