猫姫の食卓  味にウルサイ、ネコさんたちはどんなものを食べているのでしょう。。。
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . TOP ▲
ボーダーラインと猫の恩返し
昨日8日夕方、プリの検査予約日だったので病院に行って来ました。

結果、体重はまだまだ理想とは言えない1.92kg。
ベストが3.2~3.5kg以上のプリにとっては軽すぎます。

かといって元気はある、口内炎も治ってる、カリカリの袋をガサガサ言わせると、ないてすっ飛んでくる程「食べる意志」はちゃんとある・・・。

食欲減退の副作用のある抗けいれん薬の血中濃度も低く抑えられてるし、発作も実際退院してから無い。

「整腸剤とロイヤルゼリーでもう数日自発的食欲の増加具合を見て、体重がもし増えずに減るような事があったら即連れて着て下さい。」とのことで今回は帰宅して様子見となりました。

しまねこさんに素晴らしい退院祝いを頂いたんだから、頑張って食べようね、プリ。
退院してから、順調に体重を元に戻せるかのこれからが、実は正念場なのかもしれません。

Purikoが皆さんのコメント欄に現れない時は「テンパってんな、アヤツ」と思って笑って流して下さいね。

これは病院から帰宅して水を飲む前のプリ。
DSCN0364.jpg
顔つきはしっかりしてるんだけどね。
(でも先生曰く「酵素とか漢方をしっかり飲んでる事は、具合が悪くても最後まで顔つきや目力はしっかりしてるから、逆に弱ってる事も分かりにくい事もある」のだとか。微妙なもんなんですね。)

その後、午後8時20分ミャウミャウを食べ出すプリ。
そうそう、その調子。
DSCN0370.jpg
一応プリが何g食べたか、測ってあげてるのですが、同じ皿から三毛のマヤも食べる事もあり、正確には食べた数値は出せません。そこが複数の子達と暮らすとこの大変さかも。

で、独り健康で飛び回っている身の為、実家猫の中では著しく登場回数の少ない三毛のマヤですが。

こんな子です。
DSCN0328.jpg

とても大きな子というサイズではありません。コンパクト・ミケですかね。3.3~4kg位です。
DSCN0384.jpg
それだけに、(三毛は元々敏捷と言われてるそうですが)この子が遊びモードになって追いかけっこすると、絶対つかまりません。恐ろしくすばしっこいです。
そして走り回ると地に足が付いてなく、宙を滑走してるのではと思う位速い!!

全身、運動神経の塊。オモチャを追いかけ跳ね上がる姿は、羽が付いていて飛んでるかと思うほど。

(FeLVキャリアですが)スーパー元気。

私はこの子と暮らすようになってから、すっかり三毛大好き「ミケバカ」になりました。
DSCN0337.jpg


彼らとの出会いは「故ゆきり」と同じ病院で、でした。

ある日「ゆきり」のかかりつけの病院で、東京は吉祥寺で生まれたての状態で保護された仔猫達が里親を探していると、猫さん友達からメールを貰った私。
どうしても里親が見つからないとのことで、私は腹を決め、すでに「ゆきり」が居たので一匹だけ引き取るつもりで病院に行きました。
その時、「ゆきり」もワクチン注射かなんかで病院に連れて行きました。

これはその時、「ゆきり」が彼らと初めて病院で会った時の写真から、たまたま居合わせてた猫さんグッズを手作りするのが上手い方が私に作ってくれたマウスパッドです。
DSCN0339_20110108202929.jpg

病院で、私に最初に引き合わされたのがサビ猫の小さい仔猫でした。
後のプリです。

プリの可愛さは断トツで、即引き取り決定。

さあ、それでは「ゆきり」の注射をして帰ろうという時に、「ワタシも忘れないで~」という声が私の背後でしました。

それは当時彼らを保護していた保護者の女性の方が、猫さんの声真似をして言ったセリフでした。

ふと振り返る私。
そこには小さなケージが椅子の上にありました。
私が数歩近づき中を覗き込むと、小さい小さい三毛猫さんが私をじーーっと黙って見上げていました。

それがマヤでした。

目が合ったら最後、私はもう無視できません。(私がペットショップに行けないのはこれが理由なのです。)
この子を置いて帰る事は出来ない!

先生に聞きました。
「あの、二匹一緒って言うのは無謀でしょうか。」

先生は、それはもう私の覚悟次第ですよ、という感じで微笑まれました。

マヤをケージから出して、プリとゆきりの居る診察台の上に置いてあげると、即!! プリとマヤはびとーっとくっつき出しました。
彼らは離れたくなかったんだ、と私は思いました。

これがその時の写真です。マヤなんか豆粒のようですね。
DSCN0349.jpg
私はその時腹を決めました。
「この三毛ちゃんも引き取る!!」と。
実際プリとマヤは物凄く仲が良い姉妹で、結果的に引き離さずに一緒に引き取ったのは正解だったと思います。

これは初めて彼らと会った「ゆきり」に、まだまだチビちゃいプリが彼のお腹に張り付いてきて寝てしまった為、少し困惑気味顔の「ゆきり」です。
DSCN0348.jpg
ちょっとイカ耳になってます。

こうしてプリとマヤは家族になり、当時暮らしていた中野の家に来たのですが、普段クールなマヤと言う子は、私が数日間留守にする事があっても、私が帰ると絶対他の人間には見せないベタベタ具合で喉をフガフガ鳴らせながら、私に懐いてくるのでした。

彼女のその態度は今でも変わりません。
中野の家を引き払い、彼らが私の実家に暮らすようになった後も、私が実家に戻る度に「猫」が変わった様に懐いてきます。

私は「猫の恩返し」ってあるのかな、と思います。


あたしはこの人に助けてもらった。
あたしはこの人に怪我した時、手当てしてもらった。
あたしが病気で具合が悪い時、この人がずっとついていてくれた。
あたしはこの人に見つけられたから今こうして居られるんだ。。。


猫さんは誰が自分が危なかった時、さびしい時、居てくれたか。
誰が自分を救ってくれたか。
それをずっとずっと覚えている。

なんか、そんな「恩義」を猫さんて持ってる気がするのです。

「故ゆきり」もとにかく私が仔猫の時に、目やにの手当てをして、ずっと寝食共にして世話したから、終生私にしか懐きませんでした。

プリが去年一か月もの間入院した時、私は毎日お見舞いしました。
それからです、この子が私の膝が大好きになり、いつも上に載って寝るようになったのは。

「猫の恩返し」ってあるのかも。

彼らを見ていて、私はそれを実感する事があるのです。

彼らは愛すれば愛で返してくれる。
そこには打算も計算も無く、ただただ純粋な「愛の形」があるだけ。

だから、彼らに逝かれると身が引き裂かれるように悲しいのかも、と思います。

皆さんの猫さんも、形は違えど【恩返し】してるのではと思います。

皆さん、それぞれ素敵な形でご自分の猫さんに愛を日々注いでいらっしゃいますから。。。

>> 続きを読む
スポンサーサイト
2011'01'09(Sun)00:00 [ GOLD とろみだし 芳醇まぐろ 15歳以上 ] コメント(18) TB0 . TOP ▲
最高年齢設定缶
うちでは出不精な時ネットスーパーを良く頼みますが、新顔を見つけましたので頼んでみました。

モンプチのタイ原産缶の年齢設定缶ですが、なんと初めて見る15歳以上という文字。
DSCN0098.jpg

年齢設定缶はモンプチ、銀のスプーンと見ますが、今まで見たモンプチの最高年齢は11歳以上まで。
銀のスプーンは13歳以上。

15歳以上と言うのは今までで最高年齢です。
DSCN0103.jpg

味見しても、正直私の出来の悪い舌では「モンプチ・11歳以上用」との違いははっきりとは分かりませんでした。
でも成分とか、栄養分とか、何か違うのかもしれません。それはHPなので後日要チェックなのです。
DSCN0150_20100908024038.jpg
DSCN0152.jpg

モンプチの年齢設定缶シリーズは、とにかくとろっとろな中身。
DSCN0105.jpg

舐め食べ子のヒメにはとても食べやすいのです。この暑い時期、つゆだく缶は水分補給にもなります。
DSCN0143.jpg
DSCN0140_20100908024039.jpg


メーカーとしては売れないものは作らないはず。
ということは、この缶の登場は15歳以上の猫さんがどんどん、当たり前のように沢山居るようになってきたと言う事なのではないでしょうか。

猫さんの生活環境が向上してきたのか、猫さんご飯の質が飛躍的に向上してきたのか、はたまた猫さんに対する医療の進歩か。
とにかく喜ばしい事です。

私が今まで一緒に暮らした猫さんの中に15歳を超えた子はいません。
幼少の頃はワンコに囲まれて暮らしてましたが、10歳前後で天に召される子が多かったです。

なので私の頭の片隅には「猫さん、ワンちゃんが10歳を超えてきたら、いつ『その時』が来てもおかしくない。」という思いが、その幼少期からの幾多の経験のせいで、どこかにあります。
なので現六歳のヒメですが、出来たらこれ以上歳を取って十歳という年に近づいてほしくない。
DSCN0178_20100908024140.jpg

出来るならば時が止められたら。
それが出来なくても、せめて時の歩みを遅らせる事が出来たら。
DSCN0185.jpg

でもそれは無理な話。

時は全ての命に対して平等の速さで過ぎていきます。
そして「最後の時」は、全ての命にいつか必ず来る。ヒメにも、私にも、これを読んでくださっているあなたにも。。。

唯一の希望はその時が出来るだけ遠い未来であること。

この缶の登場は、今や15歳以上なんか当たり前という時代の到来を実感できるものとして、うちの子もこれから何事も無く15歳越えしてくれるのではという希望を強く抱かせてくれる、嬉しい存在なのです。

その内、17歳以上用、20歳以上用、なんて普通に出てくる時代も来るかもです。
実際私の知人には22歳でまだ元気な猫さんがいたりします。

ヒメよ。
死神に私の命を売り渡してもいいから、出来るだけ長生きするんだよ。それも病気せず元気でね。
DSCN0199.jpg

そのためには私達はあなたに何でもしてあげるから…。
2010'09'08(Wed)03:00 [ GOLD とろみだし 芳醇まぐろ 15歳以上 ] コメント(12) TB0 . TOP ▲
    




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。