猫姫の食卓  味にウルサイ、ネコさんたちはどんなものを食べているのでしょう。。。
08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . TOP ▲
おヌルいのがお好き
先日、タラさんのハナちゃんがあるモノを美味しそうに飲んでいたので、うちでも試してみる事にしました。

それは氷水です。

実は、五日くらい前にいつもの水皿にヒメの目の前で氷を数粒入れて見たのですが、ド無視でした。
まあその時はのどが渇いてなかったのかもしれません。

なので今回は、確実にのどが渇いていて水を飲む、夜の散歩の直後に氷水をあげてみました。
DSCN9972_20100825031607.jpg

さりげなく、鼻歌なぞを唄いながら氷水の入った皿をいつもの場所に置いてみます。
ヒメはすでにこちらに近寄ってきています。

しかし普段と違う様子に猫さんは敏感です。
こういう時は極力頭をカラッポにして意識を飛ばし撮影オーラを消して、我が存在さえも感じさせないように、しかし目だけは目尻に黒目がくっついてしまう程ギリギリの横目でヒメの様子をガン見です。

早速のどカラカラのヒメ子が水皿の近くに来ましたが、歩みを止めて明らかに「なんじゃこれ」みたいな様子で、飲もうとしません。
DSCN9987.jpg

そして後ずさり。。。
DSCN9988_20100825031638.jpg

しかしのどの渇きには勝てなかったのでしょう。
別の角度からアプローチしてきました。
DSCN9991_20100825031638.jpg

DSCN9999_20100825031638.jpg

おお、ついに飲み始めたぞ!!
DSCN0017_20100825031608.jpg

DSCN0022.jpg

しかし、何となく氷群を避けているような…。
DSCN0002_20100825031608.jpg

今回の様子を見ていて、多分水皿に一面に氷が浮いていたら飲まなかったかも。
余り氷や、冷たい水には興味無いという結論に達しました。

良く猫さんやワンちゃんは、同居している二本脚に似てくるといいますが、この点だけは正反対のようです。

なんでも、私はとにかく氷をガンガンに入れたり、冷凍庫に入れてキンキンに凍らせて飲むのが恐ろしく好きなのです。
DSCN9952_20100825031608.jpg
(因みにこれはカクテルのスプリッツァー。白ワイン+炭酸です。)

昔は零度近くに冷やしたビールを氷を入れたジョッキに入れて飲んでて、友人からかなり変人扱いされてたくらいです。
今年の夏はアサヒのスーパードライがやっていたキャンペーン。マイナス二度のビールが作れるキットをシールを集めるともれなく貰えるというのでスーパードライばかり買って、アホのようにシール集めまくっとりました。

ギンギンに冷えたもの(特に炭酸系のようなのどにガツンと来るもの)がのどを大量に通過する「のど越し」がたまらなく好きなのです。

最近の趣味は寝る時に、寝床に横になりながら口一杯に頬張りのどに「突き落とす」カルピスバー(アイスバー)にはまっています。
おかげで寝起きの枕もとは食べあとの木のバーが積み重なっとります。何本食べるんじゃ…。


そこだけはヒメは正反対みたいです。水がぬるかろうが平気。ギンギンに冷えたのど越し、興味無しの様子。
というか、氷自体不審物のような扱いです。

まあ、基本ネボスケで寝るのが三度のメシと同等に好きっていうところはそっくりなんですけどね。
DSCN9962_20100825031607.jpg

さあ、今夜もカルピスバー片手に床につきますか。。。
スポンサーサイト
2010'08'25(Wed)00:00 [ ★氷水 ] コメント(13) TB0 . TOP ▲
    




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。