猫姫の食卓  味にウルサイ、ネコさんたちはどんなものを食べているのでしょう。。。
04≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303105/ ≫06
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . TOP ▲
新たなつゆだくの雄
昨日、月曜日は東京は梅雨の中日だったか、雨は降らず初夏の陽気でした。

となると、「家は食うか寝るだけ」のこの子、黙ってはいません。

ガシガシ歩きます、外を。パトロールです。
PAP_0152_20100622004203.jpg

好きなスポットにしばし赴任。
CA3A0119_20100622004140.jpg

なんかイイにおいがするんょね、ここ。「こらぁ、ワンコのピッコ舐めたらあかんぜよ!!」
CA3A0109.jpg

移動しニラみをきかします。外猫はいねがぁ~。
CA3A0120.jpg

そして定位置で爪とぎ。
マーキングですね。「アタスのもんやあ、このマンションだかマンなんだかの敷地全部は!!」
CA3A0033.jpg

まったく家にいるときは食べるか爆睡しかない野生児なのです。
普通にとろんと二本脚と過ごす時はありません。

まあ、野性と暮らすということはそういうことなのかも!
(昨日は深夜、家の裏の暗黒の中でひたすらヤモリさんを追いかけてました。稚拙な視力の二本脚には全く見えませんでしたが、真っ暗な車庫裏の塀のところでヤモリさんを発見。
ヒメが「アニエスb」をくわえて、「いたぶり舘≒自宅」に持ち込もうとしたらホイッスルでしたが、アニエスさんは、巨大肉食恐竜の執拗な追跡をかわし逃げ延びたようでした。)

その野生児の今日の食事は新缶でした。
ミオ、です。
DSCN9898.jpg

そのミオの年齢設定缶は初めて見ました。
DSCN9900_20100622020108.jpg

普通のミオでもかなりつゆだくですが、これはさらにつゆだく。
DSCN9886.jpg

ヒメもぺろぺろ良く舐めておりました。

ヒメの「ミオ好き歴」は実は気まぐれ。
二年前くらいすごく好きだったのに、その後突然食べなくなったり。

今回あげてみたのはよく食べました。
食の趣向も変動するのかも、です。

このミオ、味見すると、超超薄味。
人間用ツナ缶に水をどっと足したような感じです。

なので、塩分量は全く心配することはないとは思います。

ただ、魚の旨味とかそういうのもないですけどね。

これから暑い時期。中々水を飲まない猫さんの為の、水分補給対策一つになる缶と位置づけてもいいのではないでしょうか。


スポンサーサイト
2010'06'22(Tue)00:00 [ 11歳以上 まぐろ白身細かめフレーク ] コメント(12) TB0 . TOP ▲
    




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。