猫姫の食卓  味にウルサイ、ネコさんたちはどんなものを食べているのでしょう。。。
03≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293004/ ≫05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . TOP ▲
和の味は甘き味なり
ドイツの「アニモンダ」、アメリカの「モンプチ」と、欧米の缶を渡り歩いてきたヒメですが、今日は久々御膝元の缶を出します。

ヒメの大好きシリーズ、「いなば」の「Ciao ホワイティ」より。
DSCN9927.jpg
DSCN9926.jpg
DSCN9925.jpg
DSCN9928.jpg

缶を開けてすぐに、ツナ缶のような(この中身はツナではなくカツオです)いい香りがします。
DSCN9895.jpg

ちらほらと見える白い棒状ものが、ホタテカマボコですかね。
DSCN9896.jpg

一口食べて、魚の柔らかい身に沁み込んでいる、いい出汁のスープと風味が口に広がります。

煮込んだお魚の自然な甘み。お魚は苦い部分も美味しいですが、やはり甘みのある部分はいいですね!

最近、苦味のある身の缶を食べてきたせいか、この国産缶の甘味がとても美味で、唾液がジュワっと出ます。

久々の国産缶。そして大好きなCiao。ヒメも良く食べました。(と言っても缶半分に満たないですが…。彼女にしてみたら上出来レベル)



欧米産のものを含めた海外産のネコさんご飯と、国産ネコさんご飯の違いは何かと考えてみると、ずばり

「人間が食べてうまいか、どうか」

だと言う気がしてきました。

ドイツの「アニモンダ」の「牛肉とアヒルとソーセージ」は、スープは美味しかったですが、身の方はツクリ物っぽい味がして、あまり食べる気にはなりませんでした。

「モンプチ」のチキンもそうです。

見た目はお肉なのですが、噛んだときにボソッと口の中で粉っぽく砕けて、いかにも加工肉っぽくて美味しくないのです(現在まで試食したものについて語っております)。

正直「人が食べる味ではない」のです。


でもって、翻って国産ネコさん用ご飯。缶やパック、パウチなど。

例えば今日の「かつお&ほたてかまぼこ」などは、普通にウマいんです!

味自体はネコさん缶なのでとても薄いのですが、塩こしょうで味を足して整えたり、少しマヨネーズなんか入れてレタスで包んだら、すごくおいしいと思います。

サラダやサンドイッチの具にバッチリでしょう。

黙って出したら、これがネコさん缶だとは分からない人の方が殆どだと思います。

Ciaoの「焼かつお」なんて、そのままおつまみになります。お魚そのものですから。
ヒメの大好物「焼いわし」なんて、味こそ極薄ですが、佃煮みたいで「マジウマ」なのです!


身びいきするわけではないですが、国産のネコさんご飯は普通に私達が食べても本当においしい。

これが国産ネコさん缶の最大の特徴だと思うのです。日本のネコさんは恵まれてるかな??



そんなうちの、味にうるさいお嬢は、草も大好き。

まだ生えてきたばかりのサラダバーを早くも堪能しております。
サラダバー堪能
もう数日待った方が、堪能しがいがあるんでないの??
スポンサーサイト
2009'08'01(Sat)19:00 [ かつお&ほたてかまぼこ ささみ入り ] コメント(18) TB0 . TOP ▲
    




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。