猫姫の食卓  味にウルサイ、ネコさんたちはどんなものを食べているのでしょう。。。
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . TOP ▲
渋いクリスマス
慌ただしい年末なので、クリスマスはもう過去かもしれないですが、ここでクリスマスネタです。

クリスマスの「食卓」のご紹介です。

クリスマスらしくこんなものでした!
DSCN9641_20091227184518.jpg
DSCN9645_20091227184517.jpg
DSCN9644.jpg

今日の缶の子は目逸らしてるんネ。
DSCN9642.jpg

モンプチのムースものはいつもまあまあの反応なので、あまり期待せず「まあクリスマスだから七面鳥かな」くらいで上げたのですが。

意外といけます??
DSCN9650_20091227185336.jpg

めずらし!! 缶を直舐め!!
DSCN9652.jpg

はい、よそいましたよ!!
DSCN9656_20091227184603.jpg

おお、よく食べてるね。いつも舐め食べで、舌に載りやすいように一口サイズでよそったけど、今回はかじって食べてます。
DSCN9655.jpg

私も一口いただくと。あ、やはりモンプチムースもの。

にが!! レバーペーストに似てる味ですね。クラッカーにつけて食べるとうまいかも。
DSCN9657.jpg

この缶は、苦みでいえばモンプチシリーズの中でも上の方かも。結構渋い味ですよ。



人間はクリスマスと言えど仕事で、コンビニおかずでしたよ。

でも甘党二本脚。デセールは欠かせません。

セブンのアイス~。
DSCN9648.jpg

あめ~ずら~。
DSCN9658_20091227184602.jpg

ん、アポロチョコみたいだに。
DSCN9659_20091227184602.jpg

そしてPetakoは、「パティスリープラネッツ」のケーキを職場に置き忘れて帰宅。ぶげっ!

セブンのレジ袋と祝った聖夜だったのでした。

>> 続きを読む
スポンサーサイト
2009'12'27(Sun)19:00 [ 七面鳥のテリーヌ仕立て ] コメント(18) TB0 . TOP ▲
ミルク入りレバーペースト
夏にガタンと食欲と体重が落ちるヒメに、小食でも栄養価の高いものをと年齢設定の高い缶をあげてきましたが、ふと仔猫用ごはんも栄養価が高かったなと思いだしました。

しかし以前仔猫用(その時はAIXIAのムース状のもの)ごはんに全く見向きもしなかったヒメなので、全く食べなくてもそれほど無駄にならない極小缶のこちらを、半信半疑で、あげてみました。
DSCN9929.jpg
DSCN9930.jpg
85グラムあるみたいですが、缶自体は数ある猫さん缶の中では最小の部類でしょう。

DSCN9939.jpg
DSCN9931.jpg

こちら見た目も味も、レバーペーストです。もちろん猫さん用なので、とても薄味です。

これはモンプチのアメリカ産バージョンですが、海外産のビーフ物はレバーペーストっぽい味が主流のようですね。

ヒメも中々食べました。全然食べないかと思ってたので、ちょっと意外です。
DSCN9922.jpg

レバーペーストが好きな人には食べられる味かと思います。
クラッカーに載せて食べたくなるとまでは思いませんでしたが、実際まずくはないです。

そしてこの缶、底にびっくりするほどタップリととろっとした透明のスープが入っていて、かき混ぜるととてもつゆだくになり食べやすさ(舐めやすさ)が増します。

つゆだくなので、舐め食べ派のヒメも食べやすかったみたいです。

タンパク質量は実は成猫用缶と大して変りはないですが、ミルク(粉乳)が入ってたり、仔猫用としていろいろ工夫してあるみたいですね。

ビーフのみかと思いきや、魚介類も入っているらしいところがちょっと興味深かったです。

「結構食べたねぇ。まだ出会う前、遠い昔に小さい時食べた味だったりして、懐かしかったのかねぇ…。」
DSCN9916.jpg

2009'08'03(Mon)17:30 [ 子ねこ用 ビーフのやわらか仕上げ ] コメント(12) TB0 . TOP ▲
和風ぽいアメリカン
以前とある動物病院の先生に、「モンプチはちょっと・・・。」と言うやや否定的な意見を聞いてから、目にはしても買わずにいたモンプチ缶なのですが、実はモンプチは至る所で売られていて、とても買いやすい缶なのです。そして値段もとても安い。。。

そしてモンプチには、どういうわけか、タイ産とアメリカ産があります。

「食わず嫌いもどうか」と買ってみたこちらはアメリカ産のものです。
DSCN9910.jpg
DSCN9912.jpg
DSCN9913.jpg

開けてみると、意外な感じで「鶏そぼろのあんかけ」のような見た目です。結構「和」な見た目です。
DSCN9914.jpg

ヒメにスプーンであげてみると、すぐにぺろぺろと舐め出しました。身の方も、舐めている内にたまに口に入り、食べてます。

全体的に言うと、「とろみ」の部分は良く舐めましたが、身を含めると食べた量は少量でした。

「終了―。」の時、こんな感じでした。まだごっそり残ってますね。
DSCN9908.jpg

「和」な見た目で、なんかご飯に合いそうな感じですが、実際口にすると「とろみあんかけ」のような部分は味はほとんどありません。鶏だしのスープっぽい味がかすかにするくらいです。

そして「そぼろ」っぽいチキンの部分は。「苦い!」でした。

前回のドイツの「アニモンダ」の身も苦みがありました。レバーぽい苦みですが、欧米産の缶の特徴なのでしょうか。。。

苦みでも、魚の苦みは好きなヒメなのです。魚の苦みは国産缶でしか味わえないよね…。Ciaoの「焼いわし」とかね。

見た目「洋ミックス」だけど、味の好みは「和」なヒメなのです。
DSCN9900.jpg
2009'07'30(Thu)19:00 [ ジューシーチキンの粗挽き仕立て ] コメント(10) TB0 . TOP ▲
    




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。